1.温泉とは?

 温泉のほとんどは現在の天水を起源とし、地下深部に流入して地球内部の熱によって過熱され、火山ガスや周囲の岩石から化学成分を溶出し、再び地表に湧き出しているものです。

 『温泉法』で定める『温泉』とは、地上へ湧出した時の温度が25℃以上あるか、あるいは、下記に掲げるもののうち、いづれか一つを含んでいれば、『温泉』として認められます。

物 質 名
含有量(1kg中)
溶存物質(ガス性のものを除く)
1,000mg以上
遊離炭酸(CO2
250mg以上
リチウムイオン(Li
1mg以上
ストロンチウムイオン(Sr++
10mg以上
バリウムイオン(Ba++
5mg以上
フェロまたはフェリオン(Fe++,Fe+++
10mg以上
第1マンガンイオン(Mn++
10mg以上
水素イオン(H
1mg以上
臭素イオン(Br
5mg以上
ヨウ素イオン(I-
1mg以上
フッ素イオン(F-
2mg以上
ヒドロヒ酸イオン(HAsO4--
1.3mg以上
メタ亜ヒ酸(HAsO4
1mg以上
総硫黄(S)[HS- + S2O3-- + H2Sに対応するもの]
1mg以上
メタホウ酸(HBO2
5mg以上
メタケイ酸(H2SiO3
50mg以上
重炭酸ソーダ(NaHCO3
340mg以上
ラドン(Rn)
100億分の20キュリー単位以上
ラジウム塩[ラジウム(Ra)として]
1億分の1mg以上

つまり温泉法によると冷たい温泉もあり、以下の様に区分されます。

  • 冷鉱泉:25℃未満
  • 低温泉:25℃以上・34℃未満
  • 温 泉:34℃以上・42℃未満
  • 高温泉:42℃以上
  • 2.温泉開発するための許可申請

     『温泉井を掘削する場合』又は『掘削後に動力装置を挿入する場合』においては、各都道府県知事の許可が必要となります。
     年に2〜4回(各都道府県により異なる)開催される自然環境保護審議会温泉部会へ必要書類を提出し、審議の後、許可証の発行となります。

     当社は、提出書類の作成・提出の代行業務を行っているため、発注者の負担を軽減し、許可証取得から工事着手までスムーズに移行することが出来ます。